FC2ブログ

10/11日記「一度痛い目に逢わないと…」

先日、駅構内で電車を待っていた時のことである。待っていた電車が来たので乗ろうと乗車口の方に向かうと、斜め右前方を20代前半くらいの女性が同じ乗車口に向かっているのだが、視線は彼女の右手に持っている携帯に向いている。

 「携帯の画面を見ながら歩く」などというのはさほど珍しい光景でもなく特に気にはしていなかったのだが、あることに気づいてしまった。ホームと乗車口の間がかなり開いているのである。20㎝くらいはあるような気がした。

 そのすき間にもし片足を突っ込んだら「つまづく」では済みそうにもないが、彼女の視線は相変わらず携帯の画面の方に向いている。「あれれ、彼女、分かっているのであろうか?」とちょっとドキドキしながら見ていると、まったく隙間などはなかったように乗車していった。

 普段から乗りなれた電車であったのであろう。「全く人騒がせな!」(勝手に私がハラハラドキドキしただけなのだが…)と思いながら同じ乗車口から私も乗車した次第である。

 しかし、相変わらず携帯の画面を見ながら自転車に乗っている若者は多いし、ごくたまに、前後のチャイルドシートに幼児を乗せて携帯の画面を見ながら自転車をこいでいる主婦を見かけたりすることがあるが、我が目を疑ってしまう光景である。

 「自分の子供がかわいくないのであろうか?」と思ってしまう。もちろん、ダイレクトにそのような質問をすれば、「かわいいに決まっているじゃないですか。我が子ですよ!」という答えが返ってくるはずである。

 「じゃあ、なぜ携帯の画面を見ながら自転車をこぐなどと言う危険なことをすのですか?」と聞けば「いや…、別に…、少しだけだったし、今まで特に怖い思いもしていないので…」くらいの返答であろう。「今まで大丈夫だったから」という論理は、繰り返し飲酒運転をしている人の論理と同じである。

 あまりにも危機管理意識が希薄している。携帯の画面を見ながら自転車をこいで、例えば何かにぶつかって怪我でもすれば、それはもう自業自得以外の何物でもないのであるが、大切な子供に怪我をさせたり、人(特に老人)にぶつかって怪我をさせるということは十分に考えられることである。やっぱり「一度痛い目に逢わないと分からないのかな?」などと思ってしまう今日この頃なのである。
「日記」のトップページへ
2011-10-11.jpg
スポンサーサイト



ヤバイ、オシッコが真っ赤に(その2)

 「ケ、ケ、ケ、ケ、血尿!」いや~、我が目を疑ってしまった。見事なワインレッドである。10年くらい前であろうか、やはり運動中に急に尿意を催しトイレに駆け込んだことがある。その時は「ちょっとピンクがかっているかな?」というくらいでそれほど気にはならなかった。

 しかし、今回は状況がかなり違う。「ちょっと頑張りすぎちゃったかな!?年も年だし…」という感じである。一時的なものなのか、それとも腎臓の機能が弱ってきているのか素人では判断が付かなかったので、翌日近くにある公立病院の泌尿器科に受診してみることにした。

 先生:「今日はどうされました?」

  私:「昨日、血尿が出まして…」

 先生:「血尿ですか…。今回が初めてですか?」

  私:「いえ、10年ほど前にもあることはあります。ただ、その時はうっすらとピンクがかっていたくらいだったのですが、今回はけっこう真っ赤で…」

 先生:「そうですか。10年ほど前ね…。今回、血尿が出たときはどんな状況でした?」

  私:「はい。走っていて急にトイレに行きたくなって…」

 先生:「運動中ですか?!」

  私:「はい。10年ほど前も運動中だったんです。ちょっと最近頑張りすぎてしまったみたいで…」

 先生:「だめですよ、尿が赤くなるまで運動をしては!」

  私:「はあ…」

 確かに激しい運動をして腎機能を低下させてしまったのであるから、これは体によくないということは素人の私でも理解できる。「でも、先生、どこまでやったらそうなるというのが自分でも分かっていれば、その手前で止めておきますが…」と心の中でささやかに反論させていただいた次第である。

 先生:「念のため直腸診をしましょう!」

  私:「直腸ですか?」

 先生:「ええ、ちょっと前立腺を触診します。ちょっと横になってください。」

  私:「前立腺?あっ、はい。」

 どの指を直腸に挿入されたのは良くわからないが、親指や小指でないことは確かであろう。

 先生:「これ、何か感じますか?」

 もちろん、「いや~ん、感じちゃう!」などというジョークが言えるわけもなく

  私:「感じるって?」

 先生:「痛みとか触られている感じはありますか?」

  私:「痛みはありませんが、触られている感じはあります。」

 先生:「はい、いいですよ。終わりました。」

  私:「あっ、はい。」 

 先生:「ちょっと、前立腺があれかな…。念のために血液検査をしましょう。」

  私:「あっ、はい。」 

 先生:「悪性の腫瘍の可能性も調べておきましょう。」

 もちろん、「悪性の腫瘍ですか?ガーン!」などというジョークが言えるわけでもなく

  私:「あっ、はい。宜しくお願いします。」

 先生:「検査結果は2週間後くらいになりますので、次の診察の予約を入れておきましょう。」

  私:「あっ、はい。」

 先生:「それから、場合によっては追加検査が発生することもあります。その時は追加料金が発生しますので、ご了承ください。」

  私:「はい。分かりました。」

 先生:「じゃあ、お薬を処方しておきますから…」

  私:「はい。ありがとうございました。失礼します。」

 と言う感じで診察室を後にした次第である。この日の会計は検査代も含めて11,000円弱であった。普通は病院を出てすぐに薬局向かうのであるが、財布の中身が少し心もとなく、薬局で「あれ~、ちょっとお金が足りなく…」というような状況になるのは避けたかったので、「別に後でもいいか!」ということでその日は薬局によることはしなかった。と言うよりも、今回は結果的には薬局に行って処方箋を提出することはなかった。

 私の場合、処方された薬をまともに飲むことがない。いつも半分は無駄にしている。「けっこうそういう人って多いのでは」と勝手に思っている。もちろん、血圧や血糖値を薬で抑えておかないと命に関わる場合もあるわけだが、「まあ、念のためにお薬を処方しておきますね」というケースもかなりあり、それが日本の医療費の高騰を招く原因の一つと考えている。

 今回の場合も、もし血尿の原因が激しい運動によるものであれば、運動量を抑えれば解消するはずである。よって、念のための処方箋であると自己判断した。もちろん、そういう行為がマイナスに働く場合もありうるわけだが、それは全て自己責任であると考えている。
「フィットネスの勧め」のトップページへ

ヤバイ、オシッコが真っ赤に…!(その1)


今年の春先から5キロ近くも体重が増えてきてしまった。もちろん全てが脂肪ではないが、筋肉よりは脂肪の方が圧倒的に多い。

 特に下腹部が一番気になり出してきた。ジーパンなどもきつくなるし、このままいくと全てはけなくなり経済的にも打撃が大きいので、7月からダイエットを決意。

 食事もより注意をしていかなければならないが、運動も今まで以上に有酸素運動に力を入れ、1日の運動量を「有酸素1時間、筋トレ1時間」と決めた次第である。

 その有酸素運動の内容であるが、ボクササイズやエアロなどのスタジオレッスンを除いては、ランニングやステッパーなどのマシンを用いて行っている。

 マシンを用いる利点として、まあ屋内で行うので、天気などは一切気にする必要は無いという点も大きいが、心拍数が管理できるという点が挙げられる。

 現在、フィットネスクラブなどに置いてある有酸素運動系のマシンには、ほとんど全てと言ってよいほど心拍数を計る機能が付いている。だから、好きなときに自分の現在の心拍数を知ることができる。特に脂肪燃焼を目的に行う場合は、心拍数を脂肪が燃焼されやすい域に保つことが大切である。

 まあ、3カ月も毎日のようにマシンを使って有酸素運動を行っていると、そのときの心拍数はマシンで測定しなくてもだいたい分かってくるものである。それと同時に体も慣れてきて、「もう少し負荷を高めようかな!?」などとなってしまう。

 私の場合、150まで上げるとけっこう呼吸も激しくなるが、「これで目一杯」と言うレベルではない。しかし、160になるともうヘトヘト状態で、何分も続けられるものではない。

 先日、ランニングマシーンで、体調もまあまあだったせいか少し調子をこいてしまい、残り3分ほどをラストスパートをかけて目一杯心拍数を上げてしまった。その後、クールダウンをしていたのだが、急に尿意を催し、「あれっ、何でまた急に…」などとも思いながら、慌ててマシンに振りかけた汗を拭いてトイレに向かい小便器へ「放水!」を行ったのだが、それは、普段めったに口にすることがない赤ワイン色だったのである…。To be continued.

 関連ページ「心拍数を設定する
⇒「フィットネスの勧め」トップページへ

# 運動の5つの要素


私は運動の5つの要素を以下のように見ています。
・筋力(持久力・瞬発力)
 持久力は、その名の通り、長い時間筋肉を動かす力で、瞬発力は大きな力を生む瞬発的な力です。
・心肺持久力
 有酸素運動などを長く続ける力です。
・柔軟性
 主に関節の柔らかさです。
・バランス力
 バランスを取る力です。
・敏捷性
 素早く反応する力です。筋力や柔軟性など色々な要素が関係してきます。
プラスして「リズム感」なども入ってきます。どれも一様に鍛えていくのはなかなか難しいですが、ある程度意識して鍛えていれば、全く今までにやったこともないスポーツをしたときでもある程度は対応できるものです。
現在立ち上げている「フィットネスの勧め」と言うサイトではボディウエイトエクササイズ(自重トレーニング)を始め、ダンベルバーベルチューブなどを用いた筋トレや、ヨガバレエエアロボクササイズなどのスタジオエクササイズをイラストと動画で解説しています。
また、筋肉などの体に関するページもなるべくイラストなどを用いて解説しています。

きれいな姿勢を作ろう!それには意識が大切


みなさん、自分の姿勢を気にしたことがありますか?まあ、どうでしょうか、なかなか意識できないのが通常なのでしょうか…。
自分の姿勢はなかなか自分では確認ができないんですよね。自分の身体を鏡に映す時は、すでに無意識のうちに正しい姿勢にしてしまっていますし、正面からだけ見ることも多いです。横から見ないとなかなか正しい姿勢かどうかは分からないです。人に指摘してもらわないとなかなか分からないものです。ある程度親しくしている人でも「あなた姿勢が悪いわよ!」なんて、親が子供に言うようには言えないですよね。
でも、姿勢が悪いと確実に老けて見えます。着飾っていても姿勢が悪いとなかなか決まらないものです。
年齢を重ねるとともになかなか正しい姿勢は維持できなくなりますが、私が通っているフィットネスクラブの会員の人を見ていても、若くても姿勢が悪い子は多いです。特にクラブ内では薄着になりますので一層目立ちます。
筋力がなくて、または筋力のバランスが悪くて正しい姿勢を作れないのであれば、これはもう、その弱っている部分やバランスの悪い部分を直していくしかないのですが、多くの場合は意識なのです。今まであまり「正しい姿勢」というのを意識しないで過ごしてきたためです。
それに対して、例えばバレエや社交ダンスなどをやっていれば意識せざるを得ません。正しい姿勢が取れていなければ動作もきれいにはならないからです。
とにかく「姿勢をきれいにしたい!」と思うのであれば常に意識することです。それを繰り返し行っていけば、その内、無意識のうちに意識が働くようになりますよ。時間はかかりますが…。
現在立ち上げている「フィットネスの勧め」と言うサイトではボディウエイトエクササイズ(自重トレーニング)を始め、ダンベルバーベルチューブなどを用いた筋トレや、ヨガバレエエアロボクササイズなどのスタジオエクササイズをイラストと動画で解説しています。
また、筋肉などの体に関するページもなるべくイラストなどを用いて解説しています。
プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR