FC2ブログ

ストレッチポール「片手・片足伸ばし」

 片手、片足を四角形の対角線のように伸ばしていく動作なので、「対角運動」などと呼ばれることもあるようです。背骨を中心に適度な刺激を与えることができますので、背骨へのストレッチやリセット効果が期待できます。
動画付きの詳しい解説ページへ
katate-kataashi-3.jpg

ストレッチポール「足・ワイパー」

 基本運動の一つになります。かかとを中心にして足をワイパーのように動かすことによって、股関節のストレッチ効果や骨盤の歪みなどを整える効果が期待できます。地味な運動にはなりますが、股関節の柔軟性の向上や骨盤の歪みを正していくことは、日常生活に置いてもまたは運動のパフォーマンスを上げる上でも重要になってきます。
動画付きの詳細ページ
wiper-11.jpg

ストレッチポールエクササイズ「床磨き」

 基本運動の一つになります。非常に小さな動作になりますが、主に肩甲骨から肩にかけての筋肉をほぐす効果が期待できます。
 基本姿勢から手の平を床に向け、フロアに小さな円(目安としてテニスボールからソフトボールほど)を描くように指先を動かしていく。指先の動きに合わせてフロアについている肘も動き、肩甲骨から肩にかけてその刺激がしっかりと伝わるようにする。同じ方向を何回か回したら反対も同じように行うこと。
動画付きの解説ページへ
yukafuki.JPG

ストレッチポール「腕上げ」

基本運動の一つです。非常に小さな動きですが、肩を上下させることによって肩のリラックス効果や肩甲骨に付着している棘下筋、大円筋などのストレッチ効果が期待できると思います。

≪ポールの上に仰向けになって≫
1. ポールの上に仰向けになった基本姿勢の状態
2. 「前へならい」のように指先が天井に向くように息を吸いながら腕を上げていく。このとき、肩甲骨の背骨寄りの縁はポールに触れている。
3. 中指が天井から引っ張られるように腕を天井に向けて上げ、肩甲骨をポールから離していく。そして息を吐きながら元の位置に下げる。「上げる・下げる」を1セットとして5セット(目安)ほど繰り返す。※セット数はあくまでも目安、自分の心地よい範囲内で行う。
動画付きの解説ページへ
udeage.JPG

ストレッチポール「ローリング」で脊柱をリセット

ポールの上に仰向けになり、軽く左右にローリングさせることによって背骨へのマッサージ効果や矯正効果、また背骨の左右にある脊柱起立筋などにも刺激を与えることができますので、マッサージ効果が期待できると思います。

1. ポールに仰向けになり手の平をフロアに向ける。
2. ポールを右へローリングさせる。
3. ポールを左へローリングさせる。
左右のローリングを心地よく感じる範囲内で繰り返す。

動画付きの解説ページへ
stretch-pole-rolling.jpg
プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR