FC2ブログ

プーケット四方山話「3回も通うと…(その1)」

 

 宿泊地での食事は、当然外食となる。つまり、食べるところを探さなければならない。例外的には、何回かコンビにで冷凍食品を買って、電子レンジで温めてもらったり、食堂や屋台でテイクアウトの食事を注文したこともあったが…。
  バンコクでは宿泊料金に朝食がセットされていたので、便利は便利であった。しかし、毎日ほぼ同じものを食べていたので、何回か続けていると当然飽きてくるのだが、それを通り過ぎると慣れてくるので、これもまた不思議である。
  ここプーケットでは、宿泊料金に朝食はセットされてはいなかったが、朝食だけはいつも宿でトーストとコーヒーのアメリカンフレックファストを食べていた。
  宿が丘の中腹にあるということもあって、食堂からはビーチやメインストリートが見晴らすことができた。いつも、風は少し強かったが、一番見晴らしの良いテーブルに着き、ゆっくりと朝食を取っていた。
  この宿の食堂、テーブルが7つくらいあり20人から25人くらいは座れるのだろうが、ビーチの雰囲気があるというものではなく、朝食以外に、昼食や夕食をここで取る人があまりいるようには思えない。
  よって、半分は宿の従業員の憩いの場となっている。
  私も、とても昼食と夕食をここで食べようという気にはなれなかったので、別のところを探して食べていた。
  もちろん、レストランなんていくらでもあるのだが、どこでも構わないというわけにはいかない。私なりに選ぶ基準がある。
  せっかくビーチに来たのだから、できればビーチ沿いで気持ちよく食事がしたい。そして、ビーチ沿いにはレストランはいくらでもあるが、そんなにリッチな食事はできないし、こ洒落たところで一人で食事をするのも、そんなに快適なものではない。
  テーブルの上にキャンドルなんかが置いてあって、カップル同士が「I love you, honey.」などと言って、チュッチュしているのを横目で見ながら食事をするのは、食べたものが出てきそうだ。
  食べる場所を決めるときの要素として一番大事なのは、私の場合、ビールの値段である。とにかく、ビールが安くなければ、速攻でパス。

プーケット四方山話「古びたジム、その名もカタジム(その2)」

  その代わり、ジムの一角にサンドバッグがあったので、ジムにいる時間の3分の2は、それをたたいたり、けったりした。もちろんエアコンなどあるわけがないので、15分もサンドバッグと戯れていると、汗が額からポタポタと落ちていった。
  しかし、日本では、サンドバッグをたたいたりけったりするというのはめったにあるものではない。自分の通っているフィットネスクラブにない設備に関しては、触れたりする機会はそうそうあるものではない。
  パンチも、最初は素手で入れていたが、たたき出してしばらくすると、手が痛くなってくる。「あまり無理して手を傷めてもバカバカしいし。」などと思っていると、2階に通じる螺旋階段にグラブが置いてあるではないか。一応、使っても良いという許可を得たので、はめてたたき出すが、力を入れてたたくと、結構こぶしに「ズシリ」とくる。
  「けり」はサイドからの回し蹴りとなり、サンドバッグにあたるのは「すね」の真ん中辺りから足首かけての部分になる。サンドバッグも上部は砂の量も少なく、他の人の「けり」なども入っていると思われ軟らかくなっているが、それより下は硬い。
  その「軟らかい」上部まで届けば問題はないが、左右で足の上がる高さが異なり、右足はまだ良いのだが、左足となるとその軟らかい部分まで届かないこともある。
  そうなると、当然、左足は下部はサンドバッグの硬い部分にあたり、痛い思いをしなければならない。また、無理して足を持ち上げてもバランスを崩してしまう。
  要するに、股関節の柔軟性が足りないのである。かねてから、そのことは格闘技系のレッスンなどをするときに痛感しているのだが、特に股関節の柔軟性をつけるのは非常に難しい。ある程度までいくと壁にぶち当たり、そこから一歩も前に進んでくれない。何とかしなければとは思っているのだが…。
  初日の時点で、宿に帰って足が痛むのでよく見ると、左右の足のすねの下部は薄っすらと青くなっていた。
  初日は夕方の7時ころに行ったが、その時点で、高校生くらいの若い青年が一人トレーニングに励んでいた。またしばらくして、30前後くらいの男性が膝くらいまでのパンツをはき、上半身裸でバイクに乗ってやって来て、そのままの姿で1時間ほどトレーニングをして、そのまま帰っていった。
  2日目は3時過ぎに行ったが、利用している人は誰もいなかった。しばらくして、西洋人が2人やってきて、1時間ほど筋トレをして帰っていった。
  ジムの片隅には、ここのオーナー(40歳くらい)の母親と思われる70歳くらいの女性が、いつも石のフロアの上で横になって昼寝をしていた。きっと、床が冷たくて気持ちがよいのであろう。
  壁にかかっているボードには以前にここを訪れた人たちの写真が貼られているが、みんなセピア色になっている。
  また、ムキムキボディビルダーの大きな写真も何枚かかけられていたが、その中でひと際目立っていたのが、若かりし頃の「アーノルドシュワルツネガー」の白黒の写真であった。
  ヤモリが、そのシュワちゃんの写真の周りの壁をペタペタとはって、ごはんである小さな虫を捕食している。Kata Gymは、そんなジムであった。

 



「カタ・ジム」のほぼ全景。向かって左手にはプレート式のマシン、右手がフリーウエイト用のベンチなどが置かれている。手前にはテーブルとイスが置かれ、休憩を取ることができる 。



たたいたり、けったりして遊んだサンドバッグ。手にはめているのは借りたグローブだが、これが結構臭うのである。



「カタ・ジム」の前にて。この日もよく晴れていた。


プーケット四方山話「古びたジム、その名もカタジム(その1)」

 

プーケットのカタビーチに小さなジムが2軒。また、プーケット島の中心部であるプーケットタウンまで行くと、ホテル内にフィットネスクラブがあり、ボディコンバットやボディパンプなどのレッスンが受けられることは、日本にいる時にネットを通して情報を得ていた。
  プーケットに来る前は、その市内のホテルに行って、ボディコンバットなどのレッスンも受けたいと思っていた。しかし、カタビーチからこのプーケットタウンまでミニバスで1時間はかかる。宿が期待はずれでちょっと落ち込んでいたことなどから、1時間バスに乗ってレッスンを受けようなどという気力はどこにもなかった。
  結局は、プーケットでの滞在5日間のうち2日間だけを「Kata Gym」という小さなジムで、軽く汗を流すだけで終わってしまうことになる。
  トゥクトゥクの運ちゃんに連れて行ってもらったKata Gymであるが、お世辞にも「きれいな」とか「整った」などの形容詞をつけられるジムではなかった。「古びた」という言葉が似合うジムである。
  この手のジムはベトナムやインドネシアでも経験しているが、もしかしたら今まで行った中で一番「古びた」という形容詞が合うジムかもしれない。
  利用料であるが、英語での料金表があり1日120バーツ(日本円で約408円)、1週間で360バーツ(約1,224円)、あとは1ヶ月、3ヶ月などの単位もあったように記憶しているが、料金までは覚えていない。
  したがって、1日だけ利用する場合は、その場で120バーツを払って、あとは「勝手にやってくれ。」という感じである。もちろん、支払った金額に対しての領収書などというものがあるわけではない。
  営業時間は朝8時から夜9時までで、広さは30畳から35畳ほどであろうか、半分はラバーのフロアだがところどころめくれている。もう半分はコンクリがむき出しで、ところどころ欠けたりしている。
 一通りのマシンやダンベル、フリーウエイトは揃ってはいた。また、通販で販売しているようなレベルのものであったが、ランニングマシンやバイク等の有酸素系のマシンもあることはあった。
  少しは使ってみたが、錆もかなり出ているしマシンなどもキシキシと音がするので、使っていて「このマシン、大丈夫かな?」と思ってしまうほどで、とても気持ちよく使えるような代物ではない。

プーケット四方山話「明らかに「外れ」であったK.H.Residence(その3)」

 

そして、このホテル自体、丘を切り崩して建てているため、そのバルコニーから見える景色は、草が生えた「壁」に近いもので、とても「眺め」と呼べる代物ではない。

  一番大切な「接客」であるが、やはり「もてなそう」精神が欠けているのである。結局は全てがそこから来ているような気がする。海側、丘側などの物理的な条件はどうにもならないが、「もてなそう」精神がもっとあれば、チェーンロックやタンスの落ちた部分だってしっかりと補修されているはずである。
明らかに「ハズレ」であった。「せっかくプーケットまで来たのに。ビーチまで来たのに。」という思いがメラメラと沸き起こり、「よっしゃ!もっといいところに泊まってやる!」と意気込んだ。
 ここの宿泊料金(1泊1,400バーツ、日本円で約4,760円、5泊で23,800円)はすでに全額日本で振り込んである。よって、途中で宿を別のところに変えたからといって、払ったものは戻ってこないであろう。しかし、そんなことはこの際どうでもいい。覚悟の上だ。「リゾートを満喫したい!」という気持ちが膨らんでいった。
 カタビーチのメインストリートにはツアーなどのチケットを扱っている代理店がいくつもあった。そのうちの1つに足を踏み入れ、そこにいたインド系のお兄ちゃんに相談してみたのである。
 「いやー、まいったよ。今の宿さ、ひどいんだよ。それでさ、ちょっとくらい高くてもいいから、別のところにしようかなと思っているんだけど、いいホテル知っている?」
 そのお兄ちゃんは、「そりゃ、大変だったな。」みたいな感じで、こう言うのである。
 「今の時期、ハイシーズンで一番混んでいる時期だよ。どこもいっぱいだよ。まー、1万バーツくらい払えるんだったら、良いところを紹介してあげられるけど…。」
 「1万バーツ?!」私は大きな声を上げてしまった。日本円にすると、34,000円くらいになる。予想もしていない金額であった。私の頭の中では10,000円から15,000くらい払えば、少しはまともなところに泊まれると甘く見ていた。お手上げである。これはあきらめるしかない。悪い環境を自分なりに良い環境に変えていくしかない。不平不満ばかり言っていても何も変わらない。
 「そうか…。分かった。ありがとう。」
 と力無げに礼を言って、そこを出た。
 腹もグーグーと鳴ってきたので、近くにあった安そうなレストランで食事をすることにした。
 テーブルについて、メニューをパラパラとめくっていると、「飲み物は?」と聞くので「ビアチャ―ン(チャンビール)」というと、応対してくれたオバちゃんは目を丸くして驚いているのである。
 「タイ語が話せるのか?」とタイ語で聞いてきたので(片言のタイ語を使うと「タイ語が話せるのか?」と何回かタイ語で聞かれているので、「タイ語が話せるのか?」というタイ語は理解できるようになっていた。)「マイダイ、二ッノイ(できません。少し)」とちょっと矛盾した答えではあるが、そう聞かれた場合はいつもこう答えていた。
 そのオバちゃんは、今の「ビアチャ―ン(チャンビール)」という発音は完璧だった。まるでタイ人のようであったと私に言ってくれた。
 喜んでよいのかどうか分からないが、このころにはビールの名前だけは完璧にタイ語で発音できるようになっていたのである。



 

宿泊した部屋。別途はシングルが2つあった。パソコンの打ち込み作業がしやすいように、いつも一つずらして使用していた。



テラスの部分。テラス側が明るいので、昼間はパソコンをテラス側に置いて、打ち込み作業をした。



もう一つのベッドは荷物をちょっと置くだけ。フロアーも一人旅には十分の広さだったので、そこに荷物をばら撒いていた

プーケット四方山話「明らかに「外れ」であったK.H.Residence(その2)」

プーケット国際空港から乗ったミニバスがK H Residenceに着いたのは夕方4時近かった。ミニバスから荷物を取り、受付に向かいチェックインしたい旨を伝えると、「103号室」の鍵を渡され、「この廊下の先の左の部屋」とのこと。
  そんなに大きな宿ではない。たぶん部屋数も15前後といったところではないだろうか。私の103号室は受付から10mほどしか離れていなかった。ドアに鍵を差し込む時点で、海側、丘側の位置関係は分かっていた。丘側の部屋である。
  部屋のドアを開け中に入ると、広さはそれなりにあった。シングルのベッドが2つ、テレビ、小さな冷蔵庫、デスク、洋服入れ(その中には小さなセイフティーボックスが備え付けてあった。)、トイレ兼シャワールーム、それから一応バルコニーがあり机とイスが2つ置いてあった。
  もちろん一人旅には十分すぎるほどの広さであったが、1泊もすると、いろいろとマイナスな部分が見えてくるものである。
  まず、清潔感や安心感に欠けていた。築どれくらいの建物かは分からなかったが、15年以上は経っているように思えた。仮に15年としても、築15年の建物を築1、2年の建物と同じように「きれいに」維持していこうというのは無理な話である。
  ただ、築15年でもしっかりと手入れをしていれば、それなりに宿泊しているものには伝わるものである。
  しかし、ここではそれが一向に伝わってこなかった。壁や廊下のシミはある程度は仕方がないにしても、部屋のドアのチェーンロックは壊れていて全く機能していない。
  洋服ダンスを開けたときに、「バン!」と大きな音がして何かが落ちたので、びっくりして見てみると、引き出しの前の部分の板が床に落ちているではないか。よくよく見ると、釘で補修したような後があるが、全く効いていない。
  細かい部分を挙げていくときりがない。また、窓は2面についている。1つはバルコニーがある面で、ほぼ1面が窓になっている。もう一面には畳半分ほどの大きさのものがついているが、開けても、すぐ横にある木で囲まれた駐車スペースが見えるだけで、とても開放的とは言い難い。
  バルコニーに面しているほうは大きいので、開ければそれなりに開放感は得られるが、すぐ脇を頻繁ではないが、車が通る。この時期乾季のため、道路は乾燥しているので、舗装をされていないその道は、車が通ると砂埃を舞い上げることになる。
プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR