FC2ブログ

日記「2万円は痛い!(完)」

 デイパックなどに入れて常に携帯していると、当然のことのように「どのくらい遠くまで届くのだろう?」という疑問と言うか「試してみたい!」という欲望と言ったらいいのかわからないものが湧いてくるのは避けられない。

 夜、人気のない通りなどで自転車に乗っていたりする時など、「この辺なら大丈夫そうだな」と自転車を止め、背負っているデイパックを下ろしてそのポケットからレーザーポインターを取り出し、一応、あたりをキョロキョロしてもう一度人気のないことを確認し、「ムフフ…」などと言いながらスイッチをオンにする。

 「おー、いいね、強力だ!あそこの建物の壁はどうだ?」などと400~500mくらい離れた工場のような建物の壁に照射したりする。「バッチリ、届くじゃないの」などと自然と笑みが出てきてしまうのを抑えることはできない。

 でも、こんな時は注意しなくてはならない。そんなことをしているところを警ら中のお巡りさんなどに見つかったりしたら厄介なことになる。

お巡りさん:こんばんは。こんな暗い所でどうかされましたか?

    私:いや、別に…。 

お巡りさん:その手に持っているものは?

    私:これですか?いや、別に…。 

お巡りさん:どれどれ、ちょっと拝見できますか?

    私:え~と、…。

お巡りさん:ん~、懐中電灯?いや、違うな~。

 などと言ってスイッチを入れられた際には

お巡りさん:レーザーポインターじゃないですか?!こんなもの何に使うのですか?

    私:いや、その~。震災とかあったりすると…。

お巡りさん:震災?

    私:いや、別に…。 

お巡りさん:済みません。荷物の方を拝見させてください。

 などと言われようものなら固まってしまうに違いない

お巡りさん:どれどれ…。運動か何かの帰りですか?

    私:はい、ちょっとジムの方へ…。

お巡りさん:そうですか?ん、これは…?

    私:あっ!

お巡りさん:こんなもの一体何に使うのですか?

    私:いや~、その…。熊とかに遭遇した時に…。

お巡りさん:熊?済みません。ちょっと署の方で詳しいお話をお聞かせください。

 というような会話になり、2、3日帰宅できない可能性も無きにしも非ずである。細心の注意を払わないといけない。

 またあるとき、自転車を漕いでいると猫を発見。ときどきYouTubeなどで、猫がレーザーポインターの光を追いかけて遊んでいたりするのを見かけたりすることがあるので、「よし実験だ!」といって猫の少し前の地面に照射したが、「戯れる」どころか一目散に逃げて行ってしまった。屋外じゃダメなのかもしれない…。

 さて、たまに思い出しては、そのような、周りから見れば挙動不審なことをやっていたわけだが、あるときレーザーポインターを取り出すと、その内部からカラカラと音が聞こえてくる。試しにスイッチを入れるのだが今までのような強力なレーザー光線は出てこなかった。

 「もう壊れたのか?!」とショックもあったが、カラカラ音も気になった。あたりは暗かったので一旦デイパックにしまい帰宅することにした。

 自宅でネジを緩めて前部を取り外してみると筒状の金属製の部品が緩んでいる。それを締め直すと再び強力な光を放った。「心配させやがって!」と安堵のため息である。「しかし、いくらデイパックに入れて持ち歩いているといっても、ジョギングしたりしているわけではないのでそれほど激しい振動が加わっているわけではないと思うのだが…」と全ての不安が払拭されたわけではなかった。

 ある夜、目の前にはかなりの距離のまっすぐな道が延びていた。突き当たりの車道を行きかう自動車は小指の第一関節に納まるほどである。

 「あの突き当たりの道までどれくらいあるだろう?よし実験だ!」といつものようにデイパックの中からレーザーポインターを取り出し「どれどれ…」とスイッチをオンにしたが、全く反応なし。例のカラカラ音もない。ちょっと振ってみたが全く反応なし。「ここじゃどうしようもないので…」と一抹の不安を抱えながら帰宅することに。

 前回と同じように前部を取り外してみるが、前回緩んでいた部品はしっかりとくっついている。後部も緩めて取り外すことはできるが、そこは電池を納める場所なので今回の件には関係あるようには思えない。素人の私にはこれ以上分解できそうにもない。

 試しに振ったり、レーザー光が出る部分とは反対側のスイッチがある端を太ももなどに叩いて振動を与えてみるが、ときどきか細い光が出るくらいである。何日か同じようなことを繰り返したが、結果は同じ事であった。

 「死んだ!」「やられた!」という感じである。まだ、購入してから1年は立っていないはずである。国内のメーカーであれば、保証書と一緒にメーカーに直接届けてクレーム入れることも可能だが、この場合は、輸入代行を頼んだところに送って、またそこから中国のメーカーに送ることになる。まあ、実際にはやってみないと分からないが、私にはやるだけ無駄なような気がしてならない。それに「輸入代行を依頼したところの住所って分かっていたかな~?」という状況にある次第。

 中国のメーカーがもちろん全て悪いというわけではない。家電であればハイアールなどの商品も国内には多く出回っているし、太陽光発電であれば、確かサンテックは世界シェア1位だったように認識している。そういう一流の企業も多い。

 でも、まだしばらくは無名なところの精密機器?は購入しない方がよさそうである。それにしても「2万円は痛い!

 

  

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR