FC2ブログ

バンコク四方山話「チャイナタウン(その1)」

夜、宿のベッドに横になっていると、少し離れたところから「バッ、バッ、バッ、バッ、バーン」と花火か何かの音が聞こえてきた。「何だろう?」とは思ったが、特に気に留めるほどでもなかった。
  翌日、レストランの前を通ると、シンバルのような楽器の音に合わせて、獅子舞のような踊りをしている。そう、チャイニーズ・ニューイヤー(春節)である。中国系の人たちの元旦で、1年で一番めでたい日である。
  つまり、昨夜の音は爆竹の音であった。確か、本国では爆竹は禁止されたようなニュースを耳にしたことがあるが…。まあ、タイだから適量だったらOK,OK。
 また、BTS高架鉄道のオンヌットの駅のすぐ横にある「テスコ・ロータス」というスーバーの駐車場では、お揃いの衣装を着た人たちが、立った状態での人間ピラミッドを作っていて、一番上の4段目には4、5歳くらいの女の子が上がり、周りにいる観客から盛んに拍手を受けていた。
  宿に戻るとスタッフから「チャイニーズニューイヤーが始まった今日土曜日は、にぎやかなのでチャイナタウンに行ってみたら。」と勧められが、あいにく受けたいレッスンがあった。そこで、翌日の日曜日に地下鉄に乗って出かけてみた。
  私の宿はBTS鉄道のアソーク駅、地下鉄のスクンビット駅から徒歩3、4分のところにあり、どこへ行くにも非常に便利である。
  チャイナタウンにも地下鉄のスクンビット駅から6つ目の最終駅のフアランポン駅で下車し、徒歩10分程度である。
  広場には特設会場なども設置されていたりして、テレビ局のクルーなども来ていた。何か催し物もあるようであったが、それが何なのか、またいつ始まるのかも分からなかった。
  また、歩道にはその催し物を見ようという人たちが腰を下ろし、イスに座ってお土産を売る人や企業の販促用のテントなども設置されていて、通り抜けるのも一苦労。
  「チャンビール」のテントを発見。机の上にはなんと紙コップが並べられているではないか。「おお、ビールの試飲ができるのか?!」と喜び勇み手に取ると、無色透明の液体。聞くまでもなくビールでないことは明らか…、ガックリ。
  おまけに、雲ひとつない晴天で、確実に「30度+α」になっている。のどの渇きを癒そうと「ビール補給所」を探したが、全く見つからず。お正月なので閉店しているところがほとんど。
  特設会場で行われるイベントが始まるまで待とうなどという気力はレベル「ゼロ」状態、それどころか、「ビール補給」の黄色いランプが点滅し始めた次第である。
  結局は何かを見たわけでもなく、ただ人ごみを見に行っただけ。そこで、黄色いランプが赤になる前に、早々に地下鉄の駅まで引き上げることにした。(つづく)

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR