FC2ブログ

プーケット四方山話「プーケット空港からビーチまで(その1)」

  プーケット国際空港からホテルの予約を入れていたカタビーチまではタクシーにするつもりであった。事前の情報では交通機関はタクシーしかなさそうで、料金は500バーツ、日本円で約1,700円。距離としては約50kmなので、もちろん日本に比べればはるかに安いが、バンコクと比べると明らかに2倍以上の料金である。
  しかし、唯一の交通機関であれば、仕方がない。500バーツの出費は覚悟していた。
  予定よりも40分ほど遅れて私が乗ったone-two-go airlineの飛行機(機体はJALの お下がりで、いたるところに「JAL」とうロゴがあり、英語と日本語の案内表示である。)はプーケットの国際空港に到着した。
  荷物を受け取り、途中で「タクシーか?」などとかけられる声は一切無視して、タクシー乗り場に向かった。
   「タクシーか?」
   「カタビーチまで行きたいのだが…。」
   「650バーツだ!」
  うーん、事前の情報とはかなり違っていた。
   「高いな、500じゃないのか?」
   「今はハイシーズンなので650だ!」
  どうしようかと迷っていると
   「ミニバスだと180バーツだ。」
   「なんだ、安いのがあるのではないか。最初から言ってくれればいいのに。」
  などとぶつぶつ言いながらチケットを購入し、日本製の10人乗りくらいのワンボックスカーに乗り込んだ。10分もすると座席はビーチに向かう旅行者で埋まり、空港を発車したのである。
  20分も乗ったであろうか、バスは幹線道路沿いの2階建ての小さな建物の前で止まった。
  「なんだ。なんだ。どうしたんだ?」などと思っていると、1階の旅行会社みたいなオフィスから女性が出てきて、
  「オフィスの中に入ってバスのチケットを見せてくださーい。」
  と言っているではないか。「なんで、またわざわざチケットを見せなければならないんだ?」などとも思ってみたが、そういうシステムになっているのであればいたし方がない。車を降り、オフィスに入ると、男性に空いている席に案内された。
  ポケットに入れておいた乗車券を彼に渡したが、チラッと見ただけで、デスクの脇においてあったアルバムを取り出し
   「ホテルの予約はしてあるのですか?」
  と問いかけてきた。
   「はい。Kata Hill Residenceと言うホテルを予約してある。」
  と答えると、アルバムをパラパラとめくり
   「明日はどこに行きますか。~島へのツアーはどうですか?今だと、…バーツで申し込むことができます。」
   「まだ、明日の予定までは…。」
  アルバムの別のページをめくって
   「ここの島は映画007の撮影が行われたところで、…バーツでいけます。他の旅行代理店では提供できない料金です。どうですか?」
   「とにかくホテルについてからゆっくりと考えたいんだけど…。」
  と答えると。向こうも、これ以上続けても見込みがないと思ったのか
   「分かりました。私の名刺を渡しておきます。行きたいところができたら電話を下さい。あなたの名前を教えてください。」
  と名刺を受け取った。一応、名前は告げたが、ホテルについてからもしつこく営業攻勢があったらやっかいだなという不安もなきにしもあらずであったが、それ以降彼から電話がかかってくることはなかった。日々、営業で忙しいのであろう、きっと。
  しかし、一体どうなっているんだ?こっちはお金を払って乗車券を購入しているというのに…。このオフィスの中にはデスクが6つぐらいあったが、それぞれのデスクに担当者がいて、例のアルバムのページをめくりながら激しく営業光線を浴びせかているではないか?ある意味では非常に活気に満ちていた。
  私のバスの他の同乗者は、みなホテルの予約を入れずに来たようである。その中で、このオフィスでホテルの予約を入れたのが韓国から来た2人の青年であった。もともと宿泊予定のゲストハウスがあって、そこの予約をこのオフィスで入れたようである。
  他の4人の欧米人はビーチについてから決めたいということで、自分で歩いて探すようであった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR