FC2ブログ

プーケット四方山話「明らかに「外れ」であったK.H.Residence(その1)」

 今回の旅行はバンコクの最初の5日間、プーケットの5日間、マレーシアの1週間の宿はインターネットを通じて予約を入れておいた。本当に便利な世の中になったものだ。簡単に宿泊地の予約はできるし、「internet caf?」があるところであれば、メールのやり取りは自由で、日本で何が起きているのかもすぐに分かる。
  しかし、軟弱になったものだ。今までネットを通じてホテルの予約などしたことはなかった。(もちろん一昔前はネットなどなかったが…)
  重いバックパックを背負いながら、片手にはデイパックを、そしてもう一方の手には「地球の歩き方」持ってその日の宿を探したものだ。
  事前に予約を入れていくというのは、便利な反面、自分の目で確かめてから宿を決めることができないというマイナスの部分もある。
  「乾季」であるプーケットは観光シーズン真っ盛り、いわゆる「High season」で、この時期はホテルやゲストハウスなどの宿泊料金が一番高くなる時期。「Low season」と比べると倍近くなるのではないだろうか。
  自分なりにホテルのホームページを見て、料金や設備、ビーチまでの距離を考慮して、いくつかのホテルにメールを入れてみたのだが、返事は一様に「空室なし」との答えであった。
  そこで、プーケットに、日本人が経営するダイビングショップがあり、そこのホームページを通じても宿泊所をいくつか紹介していたので、よさそうなのを1つ選び、「宿泊したい」との内容のメールを送ってみた。
  「そこは満室だが、K H Residenceなら空室がある。」との返事だった。そこで、ホテルのホームページを見ると「ビーチまで数分、部屋からはビーチが見渡せる。(部屋は海側と丘側の2種類あり)」と、それなりの内容だったので、そこに決めたのである。ホテルを選ぶことにあまりエネルギーを使いたくなかった。
  予約を入れたのが12月の半ば過ぎ、この時期でもいくつかのホテルから「満室」と宿泊を断られている状況から、海側の部屋に宿泊できるとは期待していなかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR