FC2ブログ

日記「フードファティズム」

 

さて、「フードファティズム」という言葉をご存じだろうか?正直言うと、私は知らなかった。これは「人々がダイエットや健康に良いという食品に殺到する現象」とのことである。ここまで書くと、「あれのことか!」とピンとくる人が多いのではなかろうか。そう、上から読んでも下から読んでも同じ野菜のことである。

 2、3日前にマスコミで「血液中の中性脂肪を減らす物質が特定された」と取り上げられたトマトである。とりあえず、マウスの実験ではその効果は確認されたとのこと。人に対して同じような効果があるかどうかはまだまだ不明とのことのようである。

 ただ、もし同じような効果があった場合、毎食ごとに大きめのトマトを3つほど食べなければならない。なかなか厄介な作業だ。そこで救世主の登場となる。それが「トマトジュース」。トマトジュースであれば200ccほどでよいらしい。これであればかなり楽だ。で、翌日には、多くの人がその救世主を求めにスーパーに行き、すでに品薄状態とのこと。

 メーカーにしてみれば「笑いが止まらない」ところであろうが、そう手放しで喜ぶわけにもいかない。それは、「フードファティズム」は長くは続かないからだ。私たちは、同じようなことを何回も繰り返してきている。「~が…にはよいらしい」という情報が広まれば、多くの人たちがこぞって「~」を求め、一次的に品薄状態となるのが今までであった。

 さて、ここからは私の独断と偏見の「フィットネス・ワールド」となる。なぜ「フードファティズム」は長くは続かないのか?答えは明白で、期待したほどの効果が見いだせないからだ。もし、「これは効く!」となれば短命で終わるわけがない。

 では、なぜ期待した効果が見いだせないのか?まあ、動物と人間は違うということも多少はあるのだろうが、根本的に、その「~」だけで現在の不健康状態を改善していこうという考え自体が根本的に間違っているからだ。

 つまり、「食事にもほとんど気を使わない、運動はしていない、よって中性脂肪が高い」という人が、毎食、トマトジュースを飲んで中性脂肪の値が改善できるかと言えば、多少は落ちる可能性はあるだろうが、健康値まで落とすのはほとんど無理だと独断と偏見的に思っている。

 トマトジュースは、「食事に気を使う」「適度に運動をする」がベースにあっての「プラスα」なのである。その時にこそ、最大限の効果が表れるはずなのだ。

 でも、多くの人は「~」だけを求め、しばらく続けると「な~んだ」となる。現実的にはそのことの繰り返している。私的には、「目覚めよ!」と言いたい。

 今日の格言:「歴史は繰り返す」

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR