FC2ブログ

プーケット四方山話「3回も通うと…(その1)」

 

 宿泊地での食事は、当然外食となる。つまり、食べるところを探さなければならない。例外的には、何回かコンビにで冷凍食品を買って、電子レンジで温めてもらったり、食堂や屋台でテイクアウトの食事を注文したこともあったが…。
  バンコクでは宿泊料金に朝食がセットされていたので、便利は便利であった。しかし、毎日ほぼ同じものを食べていたので、何回か続けていると当然飽きてくるのだが、それを通り過ぎると慣れてくるので、これもまた不思議である。
  ここプーケットでは、宿泊料金に朝食はセットされてはいなかったが、朝食だけはいつも宿でトーストとコーヒーのアメリカンフレックファストを食べていた。
  宿が丘の中腹にあるということもあって、食堂からはビーチやメインストリートが見晴らすことができた。いつも、風は少し強かったが、一番見晴らしの良いテーブルに着き、ゆっくりと朝食を取っていた。
  この宿の食堂、テーブルが7つくらいあり20人から25人くらいは座れるのだろうが、ビーチの雰囲気があるというものではなく、朝食以外に、昼食や夕食をここで取る人があまりいるようには思えない。
  よって、半分は宿の従業員の憩いの場となっている。
  私も、とても昼食と夕食をここで食べようという気にはなれなかったので、別のところを探して食べていた。
  もちろん、レストランなんていくらでもあるのだが、どこでも構わないというわけにはいかない。私なりに選ぶ基準がある。
  せっかくビーチに来たのだから、できればビーチ沿いで気持ちよく食事がしたい。そして、ビーチ沿いにはレストランはいくらでもあるが、そんなにリッチな食事はできないし、こ洒落たところで一人で食事をするのも、そんなに快適なものではない。
  テーブルの上にキャンドルなんかが置いてあって、カップル同士が「I love you, honey.」などと言って、チュッチュしているのを横目で見ながら食事をするのは、食べたものが出てきそうだ。
  食べる場所を決めるときの要素として一番大事なのは、私の場合、ビールの値段である。とにかく、ビールが安くなければ、速攻でパス。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR