FC2ブログ

プーケット四方山話「小僧でもおじさんは容赦せんぞ!(その1)」

 

 バンコクでもここプーケットのカタビーチでも、お土産を扱う露店はいくらでも目にすることができる。Tシャツや水着などの衣類から、民芸品、貝細工、皮革製品、ロウ細工、ぬいぐるみ、サングラス、時計、ナイフなど、その種類も豊富である。
  ただ、その土地特有というものがあまりない。つまり、バンコクもプーケットも同じようなものを扱っているのである。
  プーケット到着初日の夜に、夕食を済ませ、通りを散策しているときに、目に留まったのがあった。ガラス製品である。以前、訪タイしたときにも同じものを買ったのを思い出した。たぶん、前回はバンコク(プーケットは今回が初めてだが、前回はチェンマイに行っている。)で購入したと思うのだが、記憶が定かではない。
  今回、プーケットに来る前にバンコクにしばらくいたが、同じガラス製品を扱った露店は1件も目にしなかった。
  そのガラス製品の中でも、本当の貝殻を使ってヤドカリを模したものがお気に入りであった。小、中、大、特大と4種類くらい大きさがある中で、一番小さいものがかわいらしい感じがした。
  値段を聞くと、一番小さいもので100バーツ、続いて150、200、250とのこと。プーケットにはまだ数日滞在する予定なので、慌てて購入する必要は全くなく、そのときは適当に聞き流して、翌日になると、聞いた金額すらあやふやであった。
  別の場所で同じ硝子細工を扱っているところがあり、金額を聞いたところ、一番小さいもので150と言われた。明らかに高い。
  また、別の場所でも見つけたので、たずねると120との返事だったので「一番最初のところが一番安かったかな?」という印象があったので、プーケットを出発する前日の夜に、買うことを目的に一番最初のお店に再び向かったのである。
  そこは、夜になると数件のみやげもの店が現れる、両側をレストランで囲まれた広場であった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR