FC2ブログ

日記「それ以来…」

 

 私が会員になっているフィットネスクラブでは、まあほとんどのスポーツ関係の施設ではそうだと思われるが、施設の清掃などに関しては専門の業者に委託している。つまり、私たちが気持よく施設を利用できるように、汗水流して頑張ってくれている人がいるわけである。

 ときおり、まだ20代くらいの若い人も見かけたりするが、その多くはは50代以上で、中には「もしかしたら70を超えているのでは…」という方も見かけたりする。夜だけ働いている人の中には、昼間の別の仕事を終え、掛け持ちでいわゆるアルバイト的に働いている人や定年を迎えてから働き始めた人もいるようだ。

 男性のロッカールームやお風呂場の清掃をしている人は、男性の場合もあれば少し年配の女性が行っている場合もある。もう、3、4年前のことであろうか、年齢的には60半ばくらいの女性が働いていた時があった。会うとと挨拶くらいはしていたし、時には「今日は暑いですね」とか「雨が降ってきましたよ」くらいの簡単な会話をすることもあった。

 ある日、運動後にお風呂に入り、すぐ隣の脱衣所で身体を拭き自分のロッカーに戻ろうと脱衣所の扉を開けると、ちょうどその人も脱衣所に入ってこようとして目の前に立っていたのである。私は一糸まとわぬ姿で、それを見てその女性は「きゃ~」と言って顔を両手で覆ったのである。

 私は、「あっ、済みません!」と慌てて手に持っていたバスタオルで前の部分をかくし、少しモジモジ状態となってしまった。

 着替えながら「でもな~」とよくよく考えてみると、「シチュエーション的に不自然な格好ではなかったし、同じような状態の人は他にもいたはずだ。タイミングが悪かったのだろうか…」少し首をかしげてしまったわけである。

 もうその方は辞められてしまったが、それ以来、そのことがタイガーホースとなって、「タイガーホース?」いや、トラウマとなって特に脱衣所を出る時や風呂場の中では「お掃除のおばさんはいないよな」と変に気を使うようになってしまった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR