FC2ブログ

旅に出よう(海外:その3)「フィリピンの空港にて」

■ 先が思いやられる ■

 しかし、税関の前でのことだが、「これから税関だ!」ということで少し緊張したのか、トイレに行きたくなった。マニラはフィリピンの首都である。そこの国際空港なのだから、もちろん設備もそれなりだし、清潔感は保たれていた。 

 私は、荷物を目の届くところに置き、小便器に向かって放水を開始していたのだが、いきなり私の両肩を揉んでくる輩がいるのである。「何だ?何だ?」と振り向くと、どうも清掃員のようであった。一瞬、状況がつかめなかったが、放水を急に止めることはできなかったし、そのまま振り返ると、あらぬところに放水しそうだったので、とにかく急いで貯水タンクを空にし、ホースを格納したが、この間もずっと私の肩は揉まれた状態であった。

 とりあえず、振り返ってみると。清掃員はニコニコして、「ハロー」などと話しかけてくるではないか。右手は出していなかったが、その笑顔が何を要求しているかは理解ができた。もちろん、頼んでもいないのを勝手に向こうがしたわけだから、相手にしなくても特に問題になることもないはずである。でも、私は、「しょうがね~な~」と呟きながら、右手をポケットに差し込み、硬貨を1枚取り出した。

 それは50円硬貨であった。そえを彼に渡したが、本人は50円硬貨を手に取り「何じゃ、これは?」と言う感じのリアクションであった。きっと価値が分からなかったのであろう。どうでもいいが、「こんな国際空港、他にあるのであろうか?」と思わざるを得なかった。

 無事、税関を通過し、フィリピンに入国することができた。そして、入国者を迎える通路のところで、一人の男性が「Mr.~」と私の名前を書いた紙を掲げていたので、歩み寄って、「~さんですか?私は、~さんに紹介された~です」と挨拶をすると、「ようこそ、いらっしゃいました!」との答えが返ってきた。

 年齢で言うと、30半ばくらい、細身のメガネを掛けた「いかにも子供たちに勉強を教えている」と言う感じの男性であった。彼が「タクシーを呼んできますから、ロビーを出たところで待っていてください!」というので、「分かりました」と答え、そのままロビーを出て少し待っているときのことであった。10歳にもならないような現地のガキ、いや、子供が英語で話しかけてきた。

 「どこから来たの?」「フィリピン初めて?」、または「これからどこへ行くの?」などと聞いてきたので、適当に答えていると、彼がタクシーを呼んできてくれた。

 私は荷物をトランクに入れ、タクシーに乗り込んだのだが、先程の子がタクシーの窓越しにしきりに何かを訴えているのである。何を言っているのか分からなく、「はっ?」首をかしげていると、隣に座っている彼曰く、「話し相手になったのだからチップをくれ」と言っているとのこと。

 「話し相手って、一体何を言い出すんだ、このガキは!」と思わざるを得なかった。一向に諦める様子がなかったので、再びポケットに手を突っ込んで適当に硬貨を取りだすと、10円玉が2枚であった。それを、彼に、「ほら」と渡すと、それを見るなり「こんなもの要らない!」と返してくる。そして、今度は「ドル、ドル」とドルをくれと言っている。

 もちろんドルを彼にあげる気持ちは毛頭なかったので、横の彼に「もう行きましょう!」と言うと、彼も「そうしましょう」ということになり、タクシーを発車させた。しかし、フィリピンは、先が思いやられる旅になりそうだ。

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR