FC2ブログ

身体よ、柔らかくな~れ!

柔軟性をつけるのは難しいし時間がかかる。まあ、柔軟性だけでなく筋肉、心肺持久力、バランス力などををつけることももちろんそう簡単にできることではない。そして、どれを取ってみても個人差があるので、時間をかけて結果が出る場合もあれば、出ない場合もある。「出ない」と言ってもある程度時間をかけて努力していれば、体の中では何らかの変化が起きているのだろうけど、本人がその変化を全く感じてなければ、「せっかく時間をかけたのに」となってしまう。
 「個人差」というのもまた厄介である。同じような方法でトレーニングしたからと言って同じような体になるわけではない。柔軟性をつけた人からそのトレーニング方法を聞いて同じように行っても、同じように体が柔らかくなるわけではない。筋トレもしかり。
 結局は試行錯誤して自分に合った方法を見つけていくしかない。
昨日は映画「宇宙戦争」を見ながら2時間近くみっちり股関節、ハムストリングス、大腿四頭筋を中心にストレッチを行った。テレビを見ながらだとあっという間に時間過ぎていくのである意味楽は楽である。
 最近はそう言うことが習慣化されているが、ちょっと前まではテレビを見ながらストレッチなど考えられなかったことだ。「テレビを見ないでストレッチ」となると犠牲にすることは多いが、「テレビを見ながら」だから何を犠牲にするわけでもない。単純にそういう気持ちがあるかどうかだけ。(普通はやらないと思うが…)私の場合、「体を柔らかくしたい」という気持ちがそうさせているのである。
 でも「柔軟性」と一言で言っても関節の形、筋肉、靭帯など色々な要素が絡み合っているのであろう。
関節(いわゆる骨の形)自体はもうどうしようもない。靭帯は、よく「靭帯を伸ばす」などと言われているので、柔軟性をつける余地はあるのかもしれない。アキレス腱に代表される「腱」は非常に硬い結合組織なのでほとんど伸びないだろう。無理して伸ばすと切れてしまう可能性もある。
 そうすると結局は筋肉ということになるのだろうか?でも「筋肉が伸びる」というのはどういうことなのだろうか?筋肉の細胞が柔らかくなるということなのだろうか、それとも細胞自体は軟らかくできず、その集合体の筋繊維が伸びるということなのだろうか?と分からないことだらけである。
 もっともっと勉強しないといけない。結局は自分の体だからな~。byフィットネス

 体を動かすことの楽しさや大切さを伝えるホームページ
 「フィットネスの勧め」http://www.i-l-fitness-jp.com
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR