FC2ブログ

筋肉解説 円回内筋

円回内筋 (えんかいないきん) 英語:Pronator teres muscle (発)
特徴 形状など ・前腕部、前面の表層にある筋で、上腕頭と尺骨頭という2頭を有する。また、この2頭は、途中で合流して下方に向かっていく。
・2頭の間を正中神経(表7)が走っている。 ※イラスト解説
・起始付近では上腕ニ頭筋腱膜(表6)によって覆われ、また、停止付近では腕撓骨筋によって覆われている。そのため表層に出るのは、中央の約1/3のみである。

イラスト    【その他のイラスト】
・上腕部(前):一覧表(14)
・上腕部(前):一覧表(2)
【断面図】
・前腕部:一覧表 (8)
起始・停止 起始
腕頭:上腕骨の内側上顆
尺骨頭:尺骨の鈎状突起
停止:撓骨中央の外側面(回内筋粗面)
神経支配 正中神経(C6,C7)
・イラスト1(一覧表2番) ・イラスト2(一覧表12番)
機能 ・前腕を回内させ、曲げる。

より詳しい解説ページへ
MB2-T02-011.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR