FC2ブログ

筋肉解説 横隔膜

【概 要(形状など)】
 胸腔と腹腔の境界となる膜状の筋で、ドーム状を呈し、以下の4部より構成される。
1 腰椎部 lumbar part
右脚と左脚よりなり、それぞれ内側脚と外側脚に分かれる。内側脚と外側脚の間を交感神経が走っている。
右脚と左脚は第1腰椎の上縁で交叉して大動脈裂孔を、そしてそのやや左より上方で食道裂孔を作る。この内側脚には裂け目があり、その間を大内臓神経、奇静脈(/半奇静脈)が通過している。裂け目の外側を中間脚と呼び、小内臓神経が走っている。

2 肋骨部 costal part
第7~第12肋骨の内面(肋骨弓)を起始とする部分。

3 胸骨部 sternal part
剣状突起の後面、腹直筋鞘の後葉から起こる部分。

4 腱中心 central tendon
ドーム状の横隔膜の中央部で、3つの部の停止部となっているところ。三つ葉型をして、色々な方向に走っている腱束でできている。腰椎部に近いところ(およそ第8胸椎の高さ)に大静脈孔が開いている。
 ⇒イラストを多用している詳細の解説ページへ
diaphragm-36.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR