FC2ブログ

フィットネス紀行「マットがビチョビチョ、ホットヨガ」

「Hot Yoga」であるが、ネットで調べてみると「室温を上げ発汗作用を高めるレッスン」との説明である。なぜ室温を高めるかというと「よりヨガの発祥の地であるインドに近い環境を作る」とのことで、「わざわざそんなことを…」などとも思ってしまうのであるが、「汗がたくさん出るのは悪いことではない。いずれ機会があったら1度は経験してみたい」と思っていたが、バンコクでその機会に恵まれるとは思ってもいなかった。
ただ、通常の1時間のクラスでも、内容によっては汗が滴り落ち、フロアーを拭き拭きしながらレッスンを受けることもあるので、「ましてや室温が高かったらどうなってしまうのだろう?」という不安がないではなかった。
木曜日の夜、8時半からのクラスであった。スタジオに入ると「ムッ」とした。室温が高いというよりは湿度が高いような感じであった。もちろん温度計や湿度計が置いてあるわけではなかったので、正確な数字は知る由もなかったが…。
照明なども「ヨガ」を意識してか、ちょっとシャレたアジアンテイストのものを使用している。
数名の女性があらかじめ用意されているマットに座っていた。私はスタジオの一番後ろにあるマットを選んだ。ただ、スタジオは横長なので、一番後ろといってもインストラクターからはマット3枚分ほどしか離れていない距離である。
程なくインストラクターが入ってきたが、何と「インド人」の男性ではないか!だんだん「ヨガ」という雰囲気が高まってきた。
長い髪の毛を頭の後ろで結んでいる。そして、彼が持ってきたCDをプレーヤーに入れ、スピーカーから音楽が流れてくると、「ヨガ!」という雰囲気が一気に頂点に達していった。(かなり大げさではあるが…。)レッスンを受ける人も少しずつ増えいき、25名くらいにはなっていたようである。
ヨガ以外のスタジオのレッスンだが、基本的にはスタジオの出入りが自由で、その時間内であれば「いつ入っても」「いつ出ても」構わないみたいである。
だから、レッスンを受けていて、友達がスタジオの外を通ったりすると、慌てて出て行って「ね、ね、ね、今度の土曜日、ヒマ?もしヒマだったら、サイアムスクエアにショッピングに行かない?」などという会話をしているかどうかは分からないが、レッスン中でも何のためらいもなく自由に出入りしている。
どちらがいいかどうかは、判断が分かれるところだと思うが、日本のように「レッスン開始後、10分たちましたら入場はご遠慮ください。」などという掲示は見受けられない。
ただ、ヨガのレッスンだけは違っていた。「No one will be permitted to enter the studio without a pass card or once the class begins. Please switch your hand phone on silent mode once you enter the yoga studio. (レッスンを受ける人は必ず整理券を用意してください。レッスン途中での入場はできません。また、スタジオ内では携帯はサイレントモードにしてください。)」という英語の掲示がスタジオの出入り口やスケジュール表にある。
整理券に関しては、「短期」の会員である私の場合は、ヨガの専用スタジオに通じるドアの前に受付があり、そこで氏名を用紙に記入して、受けたいレッスンの名前を言ってからもらっていた。なぜ整理券を配るのかは定かではないが、ヨガのスタジオも2つあるし、それ以外に4つのスタジオがあるので、人数制限をするほど1つのヨガのクラスに人が流れてくるようには思えなかったが…)
「フィットネス紀行」のトップページへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR