FC2ブログ

格闘技系エクササイズ「左ボディ」

 「左ボディ」は「右ボディ」と同じように腹部を狙ったパンチになり、30分ほどの短いクラスでは取り入れないことも多いかもしれません。通常は、右ボディと狙うところは同じ場合が多いのですが、ここでは「仮想の相手」の脇腹を狙う左ボディにしてみました。フックと同じように横からパンチを入れることになります。
腰を落として横からパンチを入れていきますので、最初はやりづらいところはあるかもしれません。 ぜひ、いろいろな角度から体に刺激を与えることをこころがけて下さい。

・オーソドックススタイルで構える。
こぶしの高さ、足の位置、脇を開かないなどに注意する。詳しくは「構え方」を参照。

2 ・腰を落としながら、左肘を斜め下方に引くように上半身を左に回転させる。
このとき、左の脇は相手の横腹を狙っていくので開く。
・右足はかかとを浮かせて母指球を中心に同じように左に回転させると、上半身の回転がスムーズになる。
・右手は右のアゴをガードし、視線は前をむけたままにしておく。

3 ・さらに腰を落としながら、今度は上半身を右に回転させると同時に左手を出していく。
左手の肘の角度は90度より広く開き、こぶしは小指がフロアに向かせる。(甲を天井に向かせる形でもよい)
・左に回転させた後ろの右足を、今度は右に回転させ体の回転をスムーズにさせる。
・右手のガードは維持し、視線はパンチを入れる「仮想の相手」の脇腹に向ける。

4 ・腰が完全に落ち切ったところで「仮想の相手」の脇腹に力強いパンチが入るようにする。
(私の場合、左手を出すと同時に前の左足も母指球、小指球を中心に回転させています。特に意識して行っているわけではないのですが、この方が力強く体を回転させやすいです。)
動画付きの解説ページへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR