FC2ブログ

日記「少しくらいダルくても」

一応、一通り自宅にもエクササイズグッズは揃っている。ダンベル、バーベル、チューブ、バランスボール、バランスディスク、そしてストレッチポールなどである。

 ただ、それらはサイトの作成のために購入したもので、普段、エクササイズのためにそれらを使うことは「ない」と言いきれるほど使っていない。たまに、ストレッチポールの上に乗って背骨のストレッチをするくらいで、それも一度、その上にうっすらと降り注いだホコリを拭いている次第。

 そして、そういうグッズなどに頼らないジョギングなども、「最後に走ったのはいつだろう?」と思いだせないくらいここ数年は外を走っていない。

 しかし、「万が一、近所に運動施設が無いような場所に引っ越すようになってしまったらどうなるんだろ?走るのは外を走ればよいが、筋トレは自宅で行うだろうか?」と心配になるほどフィットネスクラブ依存症になってしまっている。

 ここのところダルい日が続いている。私の場合、とにかくダルくなると背中に来る。非常に背中が重くなってくる。「今日はどうしようかな?」という日もあるが、少しくらいダルくてもなるべく運動はするようにしている。風邪をひいて熱っぽいような場合は別だが、何とか週5日は、できれば週6日はフィットネスクラブで汗をかくようにしている。

 そういうときは筋トレなどは流して行ったりすることもあるが、汗をかいたあとはダルさは不思議なことに消えているものである。まあ、そう言う行為が将来的に吉と出るか凶と出るかは分からないが…。

 「なるべくフィットネスクラブにいくようにしている」のには、もちろんメインとなるのは「運動のため」なのだが、もう一つ理由がある。どうしても、夜、在宅している時間が長いとカロリーの摂取量が増えてしまう。食事も0.5食から1食分くらい増える。

 7時~8時くらいに夕食を取るとすると、11時を過ぎるくらいには「小腹が減ったな~」となり、カップ麺やお茶漬けなどに手を出してしまう。

 そして一番の問題はアルコールの摂取量が増えることにある。デスクワークをしているときは飲みながら行うことはほとんどないが、テレビなどを見てくつろいでいるときは脇に缶ビールとつまみの入った小皿が置かれていることになる。だから、何とかそれを避けたいためにフィットネスクラブに行っているという情けない側面も否定できない。もう少し意志が強かったらな…。 


日記のトップページへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR