FC2ブログ

日記「広告にお金をかけているところは…」

  少し前から洗面所の蛇口より水がポトポトと落ち始めている。最初は洗面器などでその水を溜め「無駄にしているわけではないし…」と様子を見ていたが、実際には洗面器置き忘れたりして無駄にしてしまう部分も多くなってきた。そして、家族のものが「水道屋さんを呼ぶしかないのかな?」と言い始めたので「じゃあ、ちょっと見てみるよ!」安請け合いをしてしまった。

 今までに水道の修理をしたことはないが、一見して「パッキンがいかれてきたのだろう」ということは想像ができた。そこで、まずはハンドルを分解してみた。いわゆるドーナツ状のパッキンは見当たらなかったが、金属でできたコマ状の部品があり、その円盤状の回りにゴムが巻かれていたので「これだ!」というのは素人の私でも分かった。

 とりあえず再びハンドルを組み立て直してホームセンターに向うことにした。水周りのものを扱ったコーナーを「どれどれ」と色々と見ていると、全く同じではないがそれらしきものを発見。「ケレップ」と呼ばれる部品のようで、1袋に2つ入っている。しかも「節水型」と通常のものがあり、それぞれ300円弱。念のために両方を購入し帰宅した。

 再びハンドルを分解する。1回目よりはスムーズに分解ができ、購入したケレップを新しものと交換して組み立て直す。「どうかな?」と思いながら水道の元栓を開けに外に出た。戻ってみると蛇口からは水は落ちていない。念のために、蛇口をひねり一度水を出してから再び蛇口を閉じ確認してみた。

 止まっている。「こんなのチョロイものさ!」と達成感とともにその旨を家族に報告した。しかし、5分もしないうちに「また漏れ出したよ!」との声。確認すると、今までよりも滴り方が激しい。言い訳がましく「もう古いから部品の交換だけではダメなんだよ!」と伝えると、「じゃあ、お願いね!」との返答である。

 仕方がないので、再びホームセンターへ赴き、同じような混合水栓を4,000円弱で購入。今度は少し大がかりな作業になりそうである。さて、本体は比較的簡単に外せたのだが、壁から出ている水道管と本体を結んでいる管(偏心管と呼ばれるらしい)がいくら踏ん張ってもうんともすんとも言わない。「きっと専用の工具を使わないとダメなんだな」ということで結局は諦め、業者を探すことにした。

 こういうときはネットは便利である。自分の住んでいる市の名前と「水道工事」で検索すると、すぐに市内の水道屋の一覧が出てきた。中には自分のサイトを持っているところもあるので、覗いてみると「1年365日24時間対応」「業界最安値に挑戦」「水道局指定店」などの頼もしい文字が目に飛び込んできた。フリーダイアルの番号もあったので早速電話をかけてみた。

  私:「もしもし、サイトを見て電話をしてみたのですが…」

担当者:「はい。ありがとうございます。」

  私:「え~と、1週間くらい前から洗面所の蛇口から水が漏れだしたので、自分で交換しようと思い

     ホームセンターで新しいものを購入したのですが、どうしても偏心管が外れないので業者に

     にお願いするしかないかと思っているのです。」

担当者:「ありがとうございます。とりあえず現場を見たいのですが…」 

  私:「え~と、おおよその料金が知りたいのです」

担当者:「それは、現場を見ないと何とも…」

  私:「交換してもらうのは、水とお湯の混合水栓の一番シンプルなタイプです。物はもう購入済みなので…」

担当者:「そうですね~。出張費が7,000円で、プラスして工賃がかかりますので、だいたい16,000円くらい見ていただければと思いますが…」

  私:「16,000円くらいね~、分かりました。検討してみます。」

 以上のような会話であったが、素人の私から見ても、工事に慣れているプロであれば時間的には1時間もかからない工事のように思われた。ゆえに「16,000円は高い!」と言わざるを得ない。もう一度ネットで業者を探してみた。検索の1ページ目に地図があり、同じ市内の水道工事店の位置が一目瞭然になっているものがあった。「こんなところに水道屋さんがあったんだ!」と、何回もその店の前を通ってはいるが気がつかなかったところも多い。地図をクリックして拡大していくとストリートビューになり、その店の雰囲気が分かる。自転車で5分くらいの距離のところに昔からの地域に密着したような水道工事店があったので、交換してもらうものの写真を撮ってプリントアウトし持っていくと、60代のいかにも「職人気質」という店主が対応してくれて「まあ、8,000円くらいかな~」ということだったので、即お願いすることにした。

「お急ぎですか?」と言うので、「いいえ、蛇口からポタポタと水が垂れている程度なので、明日でも構いません」と伝えると「じゃあ、明日伺います」と言う返事だったが、結局はその日のうちに来てくれた。

 作業を少し見守っていると

 職人さん:「昔はこのあたりにも~という腕のいい職人がいたが、逝ってしまってからは腕のいい職人も少なくなって…」

    私:「ああそうですか…」

 職人さん:「私も地元で仕事をしてきたのでヘタなことはできないですよ。すぐにウワサは広まっちゃうからね」

    私:「そうでしょうね…」

 職人さん:「~停留所の近くの~さんっていう家があるでしょ」

    私:「はい」

 職人さん:「あそこの娘さん、家に嫁に来てくれているんだ」  

    私:「ああ、そうなんですか…」

 というような会話を交わした次第である。

 まあ、作業の方は40分ほどで終わり、料金は税込8,400円であった。それが妥当な金額かどうかは各々が判断することだが、さらに安いところを探すのは難しいのではないかと思っている。「とにかく最安値で」というつもりもないが、法外な料金を請求されることは避けたい。 

 「広告にお金をかけているところは、それなりに料金に跳ね返ってくる」ということを再度実感させられた日であった。


日記のトップページへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フィットネスの勧め

Author:フィットネスの勧め
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR